動物福祉の会AWSは関東で犬猫の保護・里親探しをメインに活動する愛護団体です。日々、犬猫のお世話と里親探しに頑張っています!そんなAWSでの日々を綴っています。 興味があればHPにもどうぞ!
未来公園譲渡会2月4日(日)
2018年02月15日 (木) | 編集 |
やっと雪も溶けてきたもののまだまだ寒い日でしたが、日差しのあった午前中にはたくさんの方がおみえ下さいました。

この日は久々にベルが譲渡会に参加しました。
ベルはなかなかお腹の痒みがとれず、ストレスのたまる日々を過ごしています。
人間でしたら言葉で言えることもベルは症状を訴えることができません。
足で一生懸命掻いているところを見ると、つらいんだろうな、と、いたたまれない気持ちになります。
そんなベルもシャンプーをするとだいぶ痒みがおさまるようです。
が、今はシャンプーできるのが、週に一度の状況です。
ベルの足長おじさんとしてご支援頂けますと幸いです。
引き続きご支援よろしくお願い申し上げます。

20180215-1.jpg

20180215-2.jpg

この日は7年ぶりにランちゃんが顔を見せてくれました。
2010年5月、子犬の時に里親さんに巡り合えました。

20180215-3.jpg

20180215-4.jpg
もうお母さんの言うことは100%(?)聞きます!

次は去年の11月に里親さんに恵まれた福来(フク)くんが遊びに来てくれました。
お嬢さんがご実家に顔を出すとうれしさ全開!で迎えてくれるようです。
20180215-5.jpg
1回目の大雪の時には雪だるまに吠え、新雪の上で怖くて固まってしまっていたようですが、
2回目の雪の時にはもう大丈夫になったようです。
もうおすわり、まて、ふせ、もできるようになりました。
20180215-6.jpg

20180215-7.jpg

福来くんは5兄弟姉妹のひとりです。

次はなつちゃんが来てくれました。
5兄弟姉妹のひとりです。

子犬ちゃんには(?)優しい、こころちゃんと遊んでいきました!
20180215-8.jpg
20180215-9.jpg

5兄弟、2兄弟、7兄弟、10月頃から年末年始、嵐のようにやってきて、巣立っていきました。
預かりボラさん、本当にお疲れ様でした。
そして迎え入れて下さった新しいお父さん、お母さん、お兄ちゃん、お姉さん、おじいちゃん、おばあちゃん、
本当にありがとうございます。
そして末永くよろしくお願いします。

あれ?
コスモちゃんも来てくれました。
この日はお母さんが風邪気味で、お兄さんと。。。

おやつ大好きでお兄さんに集中です。
20180215-10.jpg

20180215-11.jpg

ところで、
ここちゃんのお父さんは譲渡会に参加しているママコのことも、いつも、とっても可愛がってくれます。
この日もお手、まて、おすわり、はい、お利口さん!

20180215-12.jpg
20180215-13.jpg

20180215-14.jpg
あれ?!それはおすわりじゃなくて伏せ、だよ (^^;)

ママコはこんなにお利口さんだったんだね!
20180215-15.jpg

普段はみんなのお世話で手一杯でひとりづつになかなか向き合う時間がとれないでいるので、貴重な時間です。
ここちゃんのお父さん、ありがとうございます。

次回、未来公園譲渡会は3月4日(日)です。
また、よろしくお願いします。

KN
スポンサーサイト
越谷健康福祉村での譲渡会(H30.1.28)
2018年02月11日 (日) | 編集 |
今年はじめての譲渡会は大雪に迎えられました。降ってから1週間近くたち、道路の雪も融けていたので、大丈夫だろうと思って公園に入ったら、なんと雪がたくさん。いつもの広場は雪だらけ。急遽管理事務所の許可を得て、譲渡会の会場はあずま屋の方に移動となりました。結果的には、曇り空で大変寒かったので、屋内の方で良かったと思いました。

20180130-1.jpg

20180130-2.jpg

まずはじめに顔を見せてくれたのは、いつも公園を散歩しているはっちゃんです。お父さんは、グイグイ引っ張るはっちゃんが、どこに行くのかわからず、一体何があるのかと不思議に思ったそうです。私達と顔を会わせて「そうか、今日は月末の日曜日なんだ」とはじめてはっちゃんがグイグイ引っ張るわけがわかったそうです。暖かいセーターを着て、「こんな雪ぐらいなんだ、寒くなんかないよ」と言うように元気であちこち歩き、たくさんなでてもらっていました。はっちゃんは、どのようにして譲渡会がわかったのでしょうか。

20180130-3.jpg
はっちゃん

次に顔を見せてくれたのがココアちゃん。旧名はさざんか。1ヶ月前にいた7頭の子犬たちのひとりです。お姉ちゃんに抱かれて暖かそう。お姉ちゃんから「その後」を聞きました。「散歩は朝はママで、夕方はお姉ちゃん。夕方の散歩のはじめは、家を離れるのが嫌で家に帰ろうとするけど、家が遠くなると大丈夫。帰り道は、お家に向かって猛ダッシュで帰ります。おしっこ、うんちは、もうOK。.ごはんはスピードで食べます」とのこと。お家がココアちゃんの大事な場所になったのですね。家族の一員として迎え入れられ、少しずつ馴れてきました。また時々顔を見せてくださいね。

20180130-4.jpg
ココアちゃん

次はゆずちゃんです。施設で吠えていた時の印象が強く、比べてしまうのですが、ずっと表情が穏やかになり、尖った表情が全くなくなりました。他の人や犬に飛びかかって遊ぼうとするのですが、相手の人や犬はびっくりするので、お母さんがこぶしを出して「こらっ」と言うと、その手を自分の手でグーを出すようにして抑え、ごめんなさいと言うようにすまない顔をするので、周りの人は大笑いをしてしまうとのことです。散歩では柴犬の1才の女の子と仲良しで、2頭で足を伸ばして遊ぶそうです。犬同士のお友達ができてよかったですね。

20180130-5.jpg
ゆずちゃん

あずま屋の屋根に積もっていた雪が昼頃から融け始め、ゴオーッという地響のような音とともに一気に降ってきました。昼過ぎには小さな風花のようなあられのようなものが空から降ってきました。寒い中、初めて参加してくださったボランティアさんもワンニャンのお手伝いをしていただきました。

先月にいた7頭の子犬の最後に残ったカボスちゃんは、今日がお見合いの日です。待っている間、りょうま君の背中に腰を下ろし、ずっと暖を取っていました。りょうま君はまるでお母さんのように、嫌がらずずっと長い間優しくカボスちゃんを乗せていてくれました。親子のように。寒い中心温まる風景でした。幸いカボスちゃんも新しいお家が決まりました。りょうま君ありがとう。

20180130-6.jpg
りょうまとカボス

20180130-7.jpg
ふたりはなかよし

猫を見に来てくれた人、犬を見に来てくれた人、この寒さの中、足元の悪い中、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

皆様の優しい気持ちに勇気づけられました。今年もどうぞよろしくお願い致します。

次回は、2月25日(日)となります。

(AF)


支援物資をありがとうございます
2018年01月24日 (水) | 編集 |
先日、ディアペットさんからたくさんの物資を頂きました!
20180124-1.jpg

そして、いつもKさんからたくさんの物資を頂いております!(これは一部です)
20180124-2.jpg

譲渡会の会場にリードやハーネス、新聞、毛布や洗剤などを届けてくださる方もいます。
皆さま、いつも本当にありがとうございます!
全て載せられなくて申し訳ありません。
猫達もワン達も喜んで食べ、ボランティアさんが綺麗に洗濯してくれた毛布で寝ています。
ありがたいです!

みんなに素敵な家族が見つかりますよう、これからも応援よろしくお願い致します‼️

MN
未来公園譲渡会 1月7日
2018年01月15日 (月) | 編集 |
遅ればせながら、
皆様、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げます。

7日(日)に今年最初の譲渡会が開催されました。
この日はまぶしいほどの青空でしたが、風が強く、典型的な冬の日でした。

気分一新、今年も頑張るぞぉー!と、たくさんのボランティアが参加しました。

さて、
去年11月卒業のこころちゃんが、お父さんに連れられて顔を出してくれました。
お父さん、お母さんを独占できているせいか、
顔も自信満々、穏やかなお顔でした。

20180107-1.jpg
こころちゃん

20180107-2.jpg
『お父さん、おやつちょうだい』
『だめ、ダイエット中でしょ』と、最近は体重管理のごはん、おやつもカリカリだそうです@@;

最近は寒くて、お父さんのお布団の毛布を自分でめくって中に入ってくるそうです。
「ココ、重いよ~」と言いながらもお父さん、一緒に寝ているとのことでした。
幸せなお話しで心がぽっかぽかに温まります。

この日はスキーにお出かけの里親さんから預かった、7兄弟のひとり、
ココアちゃんもボラさんに連れられて遊びにきました。

20180107-3.jpg
ココアちゃんとこころちゃん

20180107-4.jpg
『わたち疲れた』、のココアちゃん

あれ?
その笑顔は!
ルーキーも来てくれました。
いつも一緒のお父さんではなく、この日はお姉さんに連れられて。
またまたとっておきの笑顔を見せてくれました。

20180107-5.jpg
ルーキーのお父さん、ルーキーとの毎日のお散歩でお膝は大丈夫ですかぁ?!

お次は?
13年前に里親さんに恵まれたもみちゃんも遊びにきてくれました。
なんともみちゃんのお母さんは7兄弟のちびのうち、ふたりも預かってくれていたのです。
推定15才のもみちゃん、ちょっとストレスでお腹を壊してしまったようです。
ごめんね、もみちゃん@@;
20180107-6.jpg


この日は妹のさくらちゃんも同行。
カメラが嫌いなもみちゃんと違って、ばっちりのカメラ目線で笑顔を頂きました。
20180107-7.jpg
カメラ大好き、さくらちゃん

20180107-8.jpg
カメラ目線のさくらちゃんと、なかなかカメラ目線をくれないもみちゃん

譲渡会参加のワンコはみんな元気でしたが、
やっぱり、りょうまだけはこわがりさんでした。

20180107-9.jpg
満面の笑顔の雪音

20180107-10.jpg
ちょっとオシャレしたジロー

20180107-11.jpg
なでなでされて気持ち良くなってしまった人懐っこいママコ

20180107-12.jpg
こわがりさんのりょうま

20180107-13.jpg
ちび3兄弟

7兄弟の野良母さんはまだつかまりません。
また春になれば産まれてしまうでしょう。。。
ベテランボラさん、只今熟考中です。

次回の未来公園譲渡会は2月4日です。
また、よろしくお願い致します。

(KN)
越谷健康福祉村での譲渡会(12/24)
2017年12月27日 (水) | 編集 |
今日は、今年最後の譲渡会となりました。桜の木の葉はすっかり落ちて、来春に向けて小さな小さなつぼみをつけています。ひときわきれいな花々を見せてくれったのが赤い山茶花の木々です。この寒い時期に赤い花をたくさん咲かせてくれ、ほのぼのとした雰囲気を周りに漂わせてくれていました。

201771224-10.jpg

今日は子犬たち8匹の参加がありました。寒くないように柵のまわりに毛布をかけたのですが、あいにくの曇り空ではじめの頃は寒くて震えている子犬たちでしたが、来てくださった方々に、次々と抱かれ、ジャケットの中で、コートの中で、暖めてもらいました。

201771224-7-koinu.jpg

そんな中、はじめに来てくれたのがデールちゃん。先住犬のジーナちゃんも一緒。そしてしっかりと歩き始めたお兄ちゃんも一緒でした。もらわれたときは、お兄ちゃんもベビーカーの中。デールも怖がりで、なかなか馴れず、お母さんは大変だったことでしょう。1年近い年月が、こんなにみんなを成長させてくれたんだと改めて感慨深いものがありました。今ではデールもすっかり落ち着き、あの怖がり屋のデールちゃんではなくなりました。

201771224-1-dale.jpg

201771224-2-dale-gena.jpg

次にゆづきちゃん。ちょうど施設にいた頃に一緒に遊んでくれた若いボランティアさんも来ていて、久しぶりのご対面。ちゃんと憶えてくれていて、身体をすり寄せ、匂いをかいでいました。施設のドッグランでゆづきとたたかいをして、洋服をめちゃめちゃにかじられた楽しい思い出。たたかいが互角だったとの昔話に花が咲きました。続いてゆきねと会い、二匹で飛びかかったり、追いかけたりのスキンシップで遊ぶことができました。

201771224-3-yuzuki.jpg

201771224-4-yuzuki-yukine.jpg

次はゆうひちゃんです。お母さんに「この子の写真はなかなか撮れないですよ」と言われ、「大丈夫です」とお答えしたはずなのに携帯の画面にゆうひが写っていませんでした。確かに撮ったはずなのに。「決定」を押し忘れたか、次のハプニングに気を取られたのか思い出せないのですが、申し訳ありませんでした。次回には必ずお見せしたいと思います。ゆうひちゃんは、スラリとした長身のワンちゃんです。新しいお家に来て、もう5年経ちました。家の中では静かですが、外では散歩が大好きで、あちこち木の匂いをかいで歩きます。犬でも猫でも人でも大丈夫です。特に女の人は大好きで、自然にそばにタッタッタッっと歩み寄り楽しんでいます。公園のこのあたりに来ると、譲渡会はやっていなくても匂いをかいで、あちこち探しているそうです。憶えていてくれてありがとう。また来てくださいね。

201771224-8.jpg

201771224-9.jpg

次はみきちゃん。ずっと顔が見えなかったので、何かあったのかなと思っていたのですが、やはりそのとおりでした。7月頃、両耳の中が腫れて炎症を起こしていたとのこと。よく耳の脇を飼いたり、肩の辺りを掻いていたけれど、まさか耳とは思わなかったそうです。幸いお医者さんがよく診てくださり、薬を飲み今はよくなりました。痛い時は、家の中で寝ていることが多く、散歩もできなかったそうです。よくなてよかったですね。

201771224-5-miki.jpg

次は、まるちゃん。新しいお家に行って1ヶ月頃に、散歩の時、尻尾を振ってくれました。3ヶ月たって、尻尾を振ってくれるときが少しずつ増えてきました。家の中でもリラックスしてきたようです。お母さんが少し腰を痛めていらっしゃるので、お兄ちゃんがこの寒い時期に散歩をしてくれています。猫ちゃんとも、距離を保ちながら仲良くできています。まるちゃんの様子をよく見てくださっていました。

201771224-6-maru.jpg

昼頃からだんだんと太陽の光が当たり始め、暖かくなってきました。

猫のスタッフさんより、20歳5ヶ月も長生きした猫が最近死んでしまってとても悲しく、お正月を迎える気持ちにならない、年賀状より喪中のはがきを出したいという気持ちを話されました。20歳といえば子どもの成人式の年です。なんと長く生きてくれたのでしょう。

また、地域猫について、なかなか理解されにくい事情があるとのことでした。40年経つマンションで、今年新しい規約が管理組合によって提案され決まりました。それは、動物を1頭だけ飼うことができるというもの。ただし、今まで飼っていた動物についてはそのままで良いとのこと。規約ができたことで、住民の関心がまた猫に寄せられ、家庭菜園に猫が入って困るとか、駐車場の車のタイヤのそばでつめとぎをしているとか、苦情めいた会話が聞こえるようになり、地域猫の活動がやりにくくなっているとのことでした。自治体も地域猫に関して応援はしてくれています。住民の理解を得るのは、なかなか難しいのだと思います。

今年1年、行き届かなかった面が多くあったことと思います。来年こそ、今まで以上に工夫し、ワン、ニャンの交流の場として皆様のお役に経つことができるよう、努力したいと考えております。

1年間ありがとうございました。

来年の譲渡会は、1月28日(日)の予定です。どうぞ良いお年をお迎えください。

(A.F.)