動物福祉の会AWSは関東で犬猫の保護・里親探しをメインに活動する愛護団体です。日々、犬猫のお世話と里親探しに頑張っています!そんなAWSでの日々を綴っています。 興味があればHPにもどうぞ!
越谷健康福祉村での譲渡会(6/24)
2018年07月09日 (月) | 編集 |
譲渡会に向けてAWSを出発する時は曇り空。越谷に近づく頃は小雨。小粒からだんだん大粒になり、ワイパーを動かす。「困ったな。雨の用意はしてこなかったし…」県民健康福祉村に近づくと雨は少しずつ止み始め、到着した時には曇天に。よかった、と胸をなでおろしました。

20180709-1.jpg

20180709-2.jpg

公園の緑は雨に濡れ、しっとりとし、色鮮やかでした。もうひまわりが咲いていました。クチナシの白い花には、甘い匂いに誘われた虫たちがいっぱい。花壇には、色とりどりの花が一面に咲いていました。

先月に初めて譲渡会に来てくださった方が空缶の袋を見て「これ、どうするんですか」と聞かれました。「犬猫のフード代の一部に使うのです」とお話ししました。その方が、今日早くから来てくださり、空缶の袋を置いて「職場で集めてきました」と話してくださいました。ありがとうございました。

今日一番に顔を見せてくれたのは、猫のアビちゃんのお父さんです。アビちゃんはいなかったのですが、お父さんに様子を伺いました。今の名前はこまりちゃんです。初めの2日間は水も飲まず、おしっこもせず、隠れてひっそりと。3日目にお仕事で出掛けるので、リビングと台所の二室のみを自由に動けるようにしたところ、室を自由に探検したらしく、もう安心と思ったようで、それからは隠れず、今ではお気に入りのソファーの上で壁に足をつけ寛いでいます。朝は5時頃から「起きて」コールが始まり、会話の中心、家族の中心になっているとのこと。こまりちゃんも、もうすっかり安心して過ごせるようになりました。

20180709-3.jpg

次に来てくれたのが先月の譲渡会で譲渡が決まったゆう太くん。今は小五郎くんです。お父さんが朝晩と散歩をたっぷりしてくれるので、お父さんが大好きです。室内ではやや広いケージの中で、ゆっくり過ごせ、いたずらはなく、お家の人の帰りを待つことができています。4人目の子どものようです、とお母さんは言っていらっしゃいました。譲渡会で遊んでいた雪音ちゃんも譲渡が決まって今日はいないので、遊び相手はいなかったのですが、それでも周りの人にうれしそうに近寄り、なでてもらい楽しそうでした。そんな話をしているうちに、写真を撮ることをすっかり忘れ、また失敗してしまいました。元気な小五郎くん、また来てくださいね。

20180709-4.jpg

次に来てくれたのがゆづきちゃん。今は1日4回散歩をしてもらっています。胴回りがしっかりして、たくましさが一段と増したようです。ドッグフードがなかなか食べられず、いろいろ工夫していたのですが、今はゆづきちゃんに合うフードが見つかり、食べられるようになりました。テレビでは人間の争う場面になると、以前と同様に反応が変わり、異常を感じ吠えるとのこと。異常がなければ、そこに犬猫がいるのだということすら忘れてしまうほど、平和な、静かな生き物なのですね。ゆづきちゃんの心の願いが聞こえてくるようです。

20180709-5.jpg
ゆづきちゃん

次に来てくれたのが、ロンちゃん。もう19キロになりました。6月の初めに海に行き、広い砂浜をお嬢さんと一緒に走ったそうです。それはかっこよく、四本の長い脚を大きく開き、飛び跳ねるように走り、ぐんぐんスピードを上げ、お嬢さんも付いて走るのが必死だったそうです。怖がりで、お母さんの腕の中に抱かれていたロンちゃんが、こんなに運動が得意だったとは、びっくりし、感動し、更にかわいくなりました。ドッグランでも思いっきり走り、気持ちよさそうでしたとのこと。楽しみですね。

20180709-6.jpg
ロンちゃん

次に来てくれたのが、まるちゃん。1日のうち、朝・夕・寝る前、の3回散歩をしてもらっています。この頃はお父さんが散歩をしてくれるので、お父さんにも慣れ、しっぽも下がらなくなりました。もう9ヶ月経つのですね。初めの頃はしっぽが下がりっぱなしでしたが、今では、よくしっぽを振ってくれるようになりました。今日はロンちゃんと向き合って、鼻を近づけ匂いをかぎ合っていました。

20180709-7.jpg
まるちゃん

次に来てくれたのは、なのちゃん。人がたくさんいるところは苦手。ボール遊びをしている子どもたちのところも嫌いで、お父さんと一緒に近くの芝生を歩きました。時々、遠くでお話しているお母さんを見ながら。なのちゃんの周りには静かな時間が流れています。心安まる空間が作られています。ほっと休むことができました。ありがとう、なのちゃん。

20180709-8.jpg
なのちゃん

昼から、少しずつ暑くなってきました。最後に顔を見せてくれたのがみきちゃん。年を経て、体の調子が心配だったので、お医者さんに行き、診てもらいましたが、どうもはっきりとわかりません。そこでお友達に教えてもらった別のお医者さんに検査をしていただき、診てもらったところ、健康には全く問題ないと太鼓判を押され、ほっとしました。一安心しました。これから、猛暑の夏になるので、毛皮を背負っている、特に高齢のワンたちは健康観察が必要となりますね。お互いに気をつけて、この夏を過ごしたいものです。

20180709-9.jpg
みきちゃん

終わり頃、怖がりイオンの頭や、身体をずっとなでていてくれた2人のお嬢さんが「ボランティアをしたいのですが」と言ってくださいました。また、不幸なワンちゃんを助けたいと、遠くから来てくださった方もいらっしゃいました。少しずつこの活動に理解が広まり、深まっていくことは嬉しいことです。今後共、よろしくおねがいします。

次回は、7月22日(日)となります。どうぞ、暑さに気をつけ、またお会いできますことを祈っております。

AF
スポンサーサイト
未来公園譲渡会・6月3日(日)
2018年06月07日 (木) | 編集 |
ぎりぎり梅雨に入らず、良い天気に恵まれた譲渡会でした。

この日はたくさんの方々がワン、ニャンに会いに来て下さいました(*^^*)!


卒業生も元気に顔を見せてくれました!

まずは・・・

10月頃生まれで3月に里親さんに恵まれたゆきちゃん。

たまぁに喜んで飛び付くことはあっても、いつもおとなしいそうです。

お散歩たくさんさせてもらい、身体も細めです。

おすわり、まて、は習得したとのことでした!

20180607-1.jpg

20180607-2.jpg

満面の笑顔

20180607-3.jpg

お母さんの言うこともしっかり聞きます。


次はラッキーちゃん。

前回の未来公園で対面を果たした雪音ことりゅうちゃんとヤトくんの兄弟です。

最近はおうちのドッグランに、暑いから、と自転車用の屋根を作ってもらったそうです。

日かげの人工芝で快適な日々を過ごしているようです。

20180607-4.jpg

ある日のこと、ひとしきり撫でてもらい、お姉さんが、『さーて』と行動を始めようとしたところ、

大きい身体でおひざの上にちょこんとおすわり?!

大人だけではあまり笑いがなくても、ラッキーちゃんにかかると、大笑いの連続とのことです。

人間の言葉がわかるんですね(^^;

この日は黒だと日差しを吸収して暑いので、お洋服を着せてもらっていました。

20180607-5.jpg


次は去年の7月に里親さんに恵まれたイオンの兄弟、プリンちゃん!

里親さんの所に行ったその日に脱走!

すぐに見つかりましたが、今はbluetoothで位置がわかる迷子札?をつけています。

脱走させてしまったのでAWSに戻して、と言わないですよね、と涙目?のお母さんが印象的でした(^^;

20180607-8.jpg

今は、元気なお兄ちゃん、お父さんお母さんには心を許して幸せです。

20180607-6.jpg

お父さんの足元が安心です。


プリンちゃんとイオン。

耳の垂れかたが違いますが、似ています。

臆病さんもそっくりです。

20180607-7.jpg


次はセナちゃん!

もうすぐ2才になります。

ドーベルマンの血が入っているのか、お母さんの足元に隠れていた子犬の時とは見違えて、

大きく、凛々しくなりました(*^^*)。

20180607-11.jpg

セナちゃんの里親さんご家族、びっくりしたことに、その後、2匹の保護犬を迎え入れ、今は3兄弟だそうです。

大きさでいうと、セナちゃんを真ん中に大、中、小だそうですが、みんな仲良しとのことです。

さぞおうちの中はにぎやかなことでしょう(@_@)

セナちゃんはお母さんの行く場所を予想し、先回り?だそうです。

洗濯物を干そうとすると物干場に。。。

お母さん大好きなんですね(*^^*)

20180607-9.jpg


譲渡会も終了時間に近づいてきた頃、りょうまくんが来てくれました。

20180607-10.jpg

大好きなお父さんとお母さんに連れられて!

相変わらず、臆病さん、上目遣いで「なんでみんなでぼくの周りにくるの?」と。。。

20180607-14.jpg

お父さんが少し離れたところから歩いてきたら、

とってもかわいらしい笑顔に!

20180607-13.jpg

おうちの定位置はお父さんの部屋だそうです。


20180607-12.jpg

譲渡会に参加のママコ


おかげさまでこの日はたくさんの方がにゃんこを希望して下さいました。

多頭飼育崩壊の犠牲となった猫ちゃんの里親さんを緊急募集していますので、

今後ともご協力お願い致します。

次回の未来公園譲渡会開催は7月1日(日)です。

梅雨真っただ中ですが、皆様のお越しをお待ちしております。

KN
越谷健康福祉村での譲渡会(5/27)
2018年05月30日 (水) | 編集 |
風薫る5月の終わりの譲渡会。今日は、木陰に気持ちのよい風が吹き渡り、ムンムンの湿気は感じられず、ほっとした所です。

公園には、びわの木が1本あります。黄色く色づいたびわの実がたわわに実っています。今年は、時期が早いのかなと思いながら下に目を遣ると、白詰草が芝生の中のあちこちに見えます。小さい頃には、この白詰草で指輪や首飾りを作って遊んだものです。もう盛りを過ぎたようで、枯れたものもありますが、近くに寄ると白詰草の甘い香りが漂ってきました。

びわの木
20180530-1.jpg

白詰草
20180530-2.jpg

生きとし生けるものが、みなそれぞれに生命の息吹を伝えてくれている、この地球上の初夏という季節。今回はどんなサプライズがあるのでしょうか。

今日は生まれて間もない子猫の参加もあります。すだれを掛けて暑さを和らげ、時折吹く風が涼しさをもたらしてくれ、一安心でした。

20180530-3.jpg

20180530-4.jpg

まずはじめに来てくれたのが、ゆずちゃん。親戚になったジロー君も一緒です。

ゆずちゃんは、最近こんな事件に遭いました。散歩途中で顔見知りのワン(男の子)と出会いました。相手のワンは、子どもさんがリードを持っています。男の子同士だったせいか真正面で向き合い、ゆずちゃんは正面から顔を咬まれました。引っ張って離そうとしても子どもの力では引っ張りきれず、なかなか離すことはできませんでした。ゆずは目の下、口の中が血だらけになりましたが、すぐお医者さんに行き、処置していただき、今ではすっかりよくなりました。この事件は、私たちに散歩で気をつけたいことを教えてくれているようです。

ゆずちゃん
20180530-5.jpg

次はジロー君。施設では人がいなくなると啼いていたさみしがり屋のジロー君は、お兄ちゃんと一緒に教科書を見たり、遊んだりできるようになり、もうちっともさみしくありません。トイレの催促で散歩の合図で啼くことが時々あるだけになりました。尻尾のふさふさの毛も立派になりました。

ジロー君
20180530-6.jpg

次にきてくれたのは、ももかちゃん。今ははなちゃんです。ご近所にお孫さんのももかちゃんがいらっしゃるので、名前を変えました。とてもビビりで、はじめの頃は座卓の下、部屋の隅に隠れるようにしていました。今は少しずつ馴れてきています。大好きな人は、お母さん。次にお孫さんのお嬢さん。三番目にお父さん、とのこと。お尻の始末がきれいで、ウンチは外での散歩、おしっこはペットシーツでできています。時々は失敗はありますが。

はなちゃんは耳が大きくピンと立ち、足も長いワンです。あれこれ話しているうちに、カメラを向けたのですが、私のミスで写りがぼんやりになってしまいました。今回の画面には登場できませんでしたが、大きくなったはなちゃんをもう一度見ていただきたいので、次回にまたお出でください。

20180530-7.jpg

次はロンちゃんです。6ヶ月たち、18キロになりました。以前と比べ、すっかり落ち着き、もうお母さんの腕の中にはいません。この頃は、先住犬のコロちゃんと一緒に散歩ができるようになりました。フードの食べ方も変わりました。以前は「がっつく」という食べ方でしたが、今は余裕ができ、時々残したり等して楽しんでいるようです。6ヶ月の月日は人間の成長の小学1年生くらいの速さなのでしょうね。これからどんな成長を見せてくれるのか楽しみですね。

ロンちゃんとコロちゃん
20180530-8.jpg

次に来てくれたのが、チョコちゃん、ななちゃんです。この頃は、ななちゃんが散歩にあまり行きたくなくなりました。年齢もあり、暑さもあり、無理には行かせず、ななちゃんの好きなようにしているとのことです。犬にとってこれからの暑さや湿気はつらいですね。犬は飼い主の指示に必死に従おうとする動物ですから、身体の観察はとても大事なことですね。結果的に無理強いとなり、取り返しのつかないことにならないように気をつけたいものです。チョコちゃんはまだまだ元気です!と話しているうちに写真を撮り忘れ、今回登場できませんでした。申し訳ありませんでした。次回に顔を見せてください。

20180530-11.jpg

次はまるちゃんです。いつもの通り、ゆう太君と取っ組み合いの遊び。何度も、ぶつかり、離れ、ぶつかり、離れ。。。そんな元気なまるちゃんにも苦手がワンがいるそうです。自分より大きいワンと、黒色のワン。黒色のワンには何かいやな思い出があるのでしょうか。

今日はボランティアさんの家族になった旧姓雪音、今はりゅうちゃんも来てくれました。りゅうちゃん、まるちゃんは施設の仲間です。顔を付け合い、舐め合っていました。うれしいね、うれしいね、と言っているように。りゅうちゃんは、家族のボランティアさんが遠くにいくと目で探し、ワンワン声を出し、呼んでいるようでした。

まるちゃんとりゅうちゃん
20180530-9.jpg

20180530-10.jpg

今日は幸いに子猫の何頭かは希望者があり、よかったです。

あっという間の譲渡会でした。天気に恵まれ、無事終えることができました。

次回は、6月24日(日)となります。

お会いできることを楽しみにしております。

AF




5月・未来公園譲渡会
2018年05月12日 (土) | 編集 |
ゴールデンウィーク最終日、この日は夏のような日差しでしたが風は爽やかで清々しい1日でした。

この日はうれしいご対面が!

雪音改めりゅうちゃんの里親さんがお兄ちゃんのヤトくんに会いたいと。。。

希望がかないました。

20180512-1.jpg
【りゅうちゃん】

20180512-2.jpg
【ヤトくん】

ヤトくんは去年の3月に、りゅうちゃんは今年の3月に里親さんに恵まれていました。

ヤトくんはりゅうちゃんのお母さんに、りゅうちゃんはヤトくんのお母さんになでてもらっているのを見て、なんともいえない幸せな気持ちになりました。

20180512-3.jpg

ヤトくんは男の子だけあってりゅうちゃんよりひとまわり大きい感じです。

ふたりでじゃれあう姿を見ながらみんなが笑顔になっていました。

20180512-4.jpg

20180512-5.jpg

ヤトくんは、預かりをしていたボラさん二人のこともしっかり覚えていました。

二人のボラさんの目にはうっすら涙が(^^)。


そして、コスモちゃんがお父さんお母さんお兄さんと来てくれました。

20180512-6.jpg

とってもおっとりで型で相変わらずのぽっちゃり、リードを離しても全然大丈夫。私、お利口に座ってます!

20180512-7.jpg

お散歩も車でお出かけしてから、歩き、だそうです。


次はルーキー!お父さん、お母さん、お姉さんと登場です。

ルーキーもお利口さんで、走れるお姉さんとお散歩のときは公園までダッシュ、ひざの痛いお父さんとお散歩のときはゆっくりと!賢いルーキーです。トレードマークの笑顔が満開でした。

20180512-8.jpg

20180512-9.jpg


次にこころちゃん。

こころちゃんにぞっこんのお父さんお母さんに連れられて。

20180512-10.jpg

相変わらず近所の方々に愛想を振りまいているそうです。お年寄りがいると笑顔でのぞき込んで。これまた笑顔満開です。

20180512-11.jpg

が、苦手なものが。

診察の時の「台」とシャンプー後の「台」だそうです。

先日、よりきれいにしてもらおうと、トリミングに。

しか~~~し、ドライヤーをする台に乗せられて・・・

怖くて大暴れ???せっかく行かせてもらったのに、トリミングは無理かな?


相変わらず譲渡会参加のまりは木陰の定位置で存在感を消しています。

でも、そんなまりを気にかけて下さる方も多くいらっしゃいます。

20180512-12.jpg


イオンもまた超臆病です。

が、いつもお世話をしてくれるボラさんに寄り添ってもらい、安心しきっています。

甘えん坊だね、イオン!

20180512-13.jpg

20180512-14.jpg

譲渡会においで下さった方とその場で触れ合うことはできませんが、

おうちに迎え入れて頂ければこんなに可愛い甘えっ子になること間違いなし!です。


ママコは、というと、

相変わらず、お手を教えてもらっているのですが、なぜかどうしても「伏せ」に@@;

まあ、どっちでもいいか!

おやつをもらう前の「待て」はほかのどの子よりも得意です!

20180512-15.jpg


猫ちゃんにもたくさんの方が会いに来てくださいました。

20180512-16.jpg


次回の未来公園は6月3日(日)です。

まだ梅雨には入っていないと思いますので皆様のお越しをお待ちしております。

KN

越谷健康福祉村での譲渡会(4/22)
2018年05月04日 (金) | 編集 |
何日も前から「日曜日は暑くなる。30度近くなる」と予報が伝えられ、暑さを恐れていましたが、健康福祉村には樹木が多いため木陰がたくさんあり、時折さわやかな風が吹き渡り、想った以上に気持ちよく過ごすことができました。様々な緑の木々の新芽が季節の移り変わりを感じさせてくれ、なごやかな気持ちになりました。

はじめに顔を見せてくれたのがアースちゃんです。先月の譲渡会でもらわれたワンちゃんです。お姉さんに連れられて顔を見せてくれました。少し大きくなり、優しい顔は変わらず、とても元気でした。丁度その時に対応しなければならないことが次々とあり、話し込んでいるうちにお帰りになられてしまいました。申し訳ありませんでした。また次の機会にお会いできることを楽しみにしております。

20180504-7.jpg
ミヤコワスレ

次に来てくれたのがボギーちゃん。急いで写真を撮りました。ゆっくりお話を聞くことができず、写真のみとなってしまいました。またお会いできることを楽しみにしています。

20180504-1.jpg
ボギーちゃん

次に来てくれたのがララちゃん。はじめのうちは散歩でも歩かなかったそうです。4ヶ月たった今では少し歩くと止まってしまい戻ってしまうとのこと。公園の中を歩いてみましたが、ぐんぐんリードを引っ張って走っていました。大丈夫ですよ、散歩を楽しんでくださいね。

20180504-2.jpg
ララちゃん

次に顔を見せてくれたのは小太郎ちゃん。旧姓かぼちゃんです。お母さんにベッタリで、お母さんがいないと大変。破壊魔と化すそうです。お母さんのスニーカー、ティッシュボックス、小物のあれこれ。ケージの柵。。。時々は猫のご飯もいただくそうです。そこで留守番の時は、外に出て過ごすことにしました。外の風、自動車の音、人の声等が心を落ち着かせてくれています。

20180504-3.jpg
小太郎ちゃん

次に来てくれたのがロンちゃん。先月より大きくなり、今は16キロ。先住犬のコロちゃんより大きくなりましたが、心は幼いまま。家の中で猫を追いかけますが、猫が遊んであげているような雰囲気だそうです。小太郎くんと兄弟再会をしましたが、もうすっかり忘れているようで、先住犬のコロちゃんがロンちゃんの前に立ち、守っているようでした。

20180504-4.jpg
ロンちゃん

次に来てくれたのがゆずちゃん。新しいハーネスが首に力のかからないタイプで、ハアハアした息が聞こえなくなりました。3人のお兄ちゃんたちと一緒ですが、一番上のお兄ちゃんがよく散歩に連れて行ってくれるので大好きです。1年半近くなり、すっかり落ち着きおだやかになりました。

20180504-5.jpg
ゆずちゃん

最後に会えたのがチョコ、ななちゃんです。いつものように仲良し元気。家族旅行にキャンピングカーで行かれ、チョコななちゃんもいつも一緒です。最近は四国。長時間ドライブも平気。途中で休憩を取りながら、他の犬と会っても何のトラブルもなく旅を楽しむことができました。素晴らしいですね。

20180504-6-2.jpg
チョコちゃんとななちゃん

猫の参加は少なかったのですが、たくさんの人が立ち止まり見て下さいました。

二頭残っていた子犬たちも新しい家族が決まり、安心しました。

季節の良い季節が続きます。

次回は5月27日(日)となります。

どうぞ、またお出かけください。

20180504-8.jpg

AF