動物福祉の会AWSは関東で犬猫の保護・里親探しをメインに活動する愛護団体です。日々、犬猫のお世話と里親探しに頑張っています!そんなAWSでの日々を綴っています。 興味があればHPにもどうぞ!
フリーマーケット開催!
2008年09月16日 (火) | 編集 |
AWSのボランティアさんが毎年秋にフリーマーケットに参加し、AWSの資金稼ぎに奮闘してくれています
今年は10月19日の日曜日にフリーマーケットが開催されます。
そのフリマに出す品を募集しています!
売上金はAWSの犬猫のエサ代や医療費になります。ご協力宜しくお願いいたします!




スポンサーサイト
譲渡会会場にて
2008年09月09日 (火) | 編集 |
また~?と言われそうですが、
セミ1
すごいでしょ
9月の沼井公園譲渡会会場で発見したセミの抜け殻。
大きな葉に合計20匹くらいのセミの抜け殻が付いていました!
小さい方がニーニーゼミ。大きい方がアブラゼミ。2種類のセミ達。
すごい・・・私は感動してしまった。でも、「気持ち悪い!」という反応の方が多かった。こんなに感動的なのに・・・


その日は「はじめちゃん」の譲渡会デビュー!
hajimeA.jpg

公園に捨てられ、保護したときはとっても困った表情をしていたはじめちゃん。
でも、似たような公園なのに、この日はとっても嬉しそうな顔をしていました。はしゃいで動き回っていたとか。


この日の成果は、猫6匹の新しい飼い主さんが決まりました!
残念な事に犬は決まりませんでしたが・・・。

また頑張ります!

恐ろしいフィラリア症 つづき
2008年09月08日 (月) | 編集 |
昨日のジャス君の記事を書いている時に急に雷が!
途中でやめてしまいましたパソコンの電源を切って、AWSの猫舎の窓を閉めて、洗濯物をとり込んで、犬舎の窓を閉め、犬達に「雨が降るから小屋に入ってなさい!」と声をかけ、事務所に戻ったととたんに雨が降ってきて、そうこうしていたらバケツをひっくり返したような雨風がドワァ~と来た!数秒でしたが凄まじかった・・・その後外へ出るとヨシズはすっ飛んでるし、犬舎のドアには吹き付けられた落ち葉がイッパイ付いてました。犬達は濡れてなかったからちゃんと小屋に入ってたのね。

昨日は譲渡会でしたが、スタッフ1人がお留守番をしていたので良かった。

昨日のフィラリアの話の続き。
成犬で保護されたワンコの多くはすでにフィラリアがいるコです。ほとんどが今までは誰かが飼っていただろうと思われるコ達ばかりです。かわいそうですよね・・・。

でも、そういうコ達でも薬を飲ませて、適切に生活していてあげると多くはジャス君のように長生きしてくれます。
mari.jpg
最近親子で保護された「まりちゃん」小さい体の中にフィラリアが巣くっています。
がんばって長生きしようね!

数子さんにもいます。でも、元気です!
数子はシャンプーしました
shanpu-.jpg
おとなしく良い子にしてました???
kazuko4.jpg
きれいになってトットちゃんと2ショットスッキリしたね。

フィラリアは蚊が媒介しますが、これはAWSの犬達の水飲みバケツ。
夏、水を取り替えるときに発見するこの物体は蚊の卵???
そうかな~?と思って発見するといつも乾燥したところに捨ててますが・・・??
どなたかご存知の方、教えてください!
P1060047.jpg
P1060044.jpg
すごいリアルな写真が撮れました。今のカメラってすごい!


夏の蚊よけも頭を悩ます事の一つです。


気を取り直して、カワイイ写真を一枚
dakiai.jpg
かわいくて、思わず微笑んでしまいます


恐ろしいフィラリア症
2008年09月07日 (日) | 編集 |
9月1日、AWSのジャス君が入院した。
呼吸が苦しそうで、座ることも寝ることも出来ない状態だった。
前の日も、おかしいな・・・と思ったのだが、日曜日で動物病院はお休みだし、変な咳をしていたけど食欲もあったし、落ち着いていたから様子を見て大丈夫かな。と思っていた・・・
次の日の朝、立ったまま「はぁっ・はぁっ」と呼吸をしていて、食いしん坊のジャスがフードを食べない!
あわてて病院へ。先生に「危ない状況です」と言われ涙が出た・・・。
点滴してくれて入院室へ。その時は苦しいためか立ったまま。足が疲れているようなのに・・・
「ジャス君頑張って!」

少しずつ呼吸が落ち着いてきて、夕方には寝ることが出来るようになった!
「あぁ良かった・・・」何時から立ったままだったのか、そうとう眠かったようだ。良かった、眠ることが出来て・・・。
次の日にはフードを食べてくれて、順調に回復してくれた。
5日の金曜日には退院になって、AWSの事務所にサークルを作ってそこに帰ってきた。
jasub.jpg
こんな風に普通に横になることが出来るようになった。
jasub2.jpg
こんな風に穏やかな表情になった
「安静が必要です。今後運動(散歩)はダメです。涼しいところにいた方がいいでしょう。」
という事でエアコンがある事務所のサークルに迎えたのに、
退院した翌日にはもう元気になっちゃって、落ち着かない!
お外の自分の小屋に帰ったら落ち着いたので、「そこが一番好きなのね」とお外に帰ってしまいました
さすがに散歩は行こうとしませんが、エサの催促はするのです。パワフルなジャス君!
元気になってくれてありがとう

ジャス君がこんな状態になったのは、フィラリアの後遺症です。(年令が結構行ってるのも確かですが)ジャスは8年位前にAWSに来ました。その時にはすでに沢山のフィラリアが体の中にいました。
AWSでお薬を飲んで、今はジャスの体の中にはフィラリアはいません。しかし、一度フィラリアの住み家になった心臓や肺はとってもとっても傷ついています。後になってから今回のように症状が出る場合もあるのです。
フィラリアに関しては重要なのは予防です!
すべてのワンちゃんの飼い主さん!ちゃんと予防をしてあげてくださいね!