動物福祉の会AWSは関東で犬猫の保護・里親探しをメインに活動する愛護団体です。日々、犬猫のお世話と里親探しに頑張っています!そんなAWSでの日々を綴っています。 興味があればHPにもどうぞ!
中華兄妹
2009年07月03日 (金) | 編集 |
今年は子犬・子猫が本当に多い・・・

しかも、子猫はことごとく鼻気管炎、子犬はコクシジウムにやられるコが多い。

本当にショック!

先日紹介した中華兄妹。やはり、コクシジウムにやられ、体力もなかったので入院騒ぎになりました。
やっと元気になって、食欲も出て、お腹もプックリしてきて、
さあ!ワクチンを打って7月譲渡会デビューだ!っと思っていたら・・・。

犬舎の仲間の冬美が下痢・・・検便の結果、コクシジウム!   やられた・・・!

中華兄妹も検便・・・まだコクシジウム陽性・・・(トホホ・・・)
ワクチン接種は見送り。7月初めの譲渡会の参加は無理でした・・・。

なので、まだ治療中ですが、必ず元気になります!

8匹をご紹介!先にしちゃいま~す!

はるまき
5/31の はるまきちゃん
ハルマキ
現在のはるまきちゃん  メス  活発なおメメのかわいい美犬さんです!

ちまき
5/31の ちまきちゃん はるまきと見分けがつかない
チマキ
現在のちまきちゃん  メス  とぼけた顔をしていますが、けっこうお転婆サンよ!

えびちり
5/31の えびちりちゃん
エビチリ
現在のえびちりちゃん  メス  兄妹の中で一番のチビ。はじめは弱かったけど、今は負けてませんよ~

たんたん
5/31の タンタンちゃん  
タンタン
現在のタンタンちゃん  メス  入院してた時には一時ダメかも・・・という状態になったのですが、見事に復活!今はとっても元気!よく顔を見てくれる素直な女の子です

ふかひれ
5/31の フカヒレ君
フカヒレ
現在のフカヒレ君  オス  男の子の中で一番チビ。フカちゃんも危なかった時があったんです・・・
でももう大丈夫!甘えん坊さんの男の子です

まーぼー
5/31の マーボー君 この頃はフカヒレとよく似ていて、大きさも変わらなかった。
マーボー
現在のマーボー君  オス  今はこの子だけ極端に大きい!体重はエビチリの2倍近くあります。
でも、優しいし、とても可愛いお顔です!

てんしん
5/31のテンシン君
テンシン
現在のテンシン君。なかなかのハンサム君です。しかも、賢いですよ~

チンジャオロース
5/31のチンジャオロース君 メスのタンタンとよく似ていて見分けがつかなかった。
チンジャオロース2
現在のチンジャオロース君。名前が長いのでチンちゃんと呼んでます。
男の子の顔になってきて、体もマーボーの次に大きい。逞しい男の子です!

この子たちはコクシジウムがなかなか落ちなかったので、預かりさんのお家に行けず、(預かりさんの所がイッパイで空かなかったこともありますが・・・)ずっとAWSの犬舎から出られないでいます。
それでも写真のようにみんな笑顔で、元気に過ごしています!

でも、もう少し!もう少しで駆虫も完璧になるはず!
19日の譲渡会にはデビュー予定です!




スポンサーサイト
悲しいお知らせです。アウスのあんにゃんが天国に行きました。
2009年07月02日 (木) | 編集 |
annyaniikao.jpg
 
AWSのシンボル猫として一緒に活動してきたあんにゃんが、6月29日に天国に旅立ってしまいました。

あんにゃんはもともと猫白血病のキャリアでした。
AWSに来たのは平成13年7月27日。それまでいた所にはいじめる人間がいる、ということで、避妊手術後、AWSの近くに放す。ということになりました。
 
はじめは室内に入れてはいけないことになっていたので、何とかこじ開けて室内に入ってくるあんにゃんに、「入っちゃダメ!」と言ってたのですが・・・

獣医さんに、「もう発病してるから長くないでしょうね」と言われ、それなら・・・かわいそうだから・・・
と、晴れて入室OKになりました。
それからは「あんにゃん!出ちゃダメ!」に変わったのですが、
自由猫のあんにゃんは上手く立ち回り、フリー猫として、みんなの暗黙の了解を得ました。

それからというもの、あんにゃんの思うつぼの生活を繰り広げてきたのでした。

平成21年1月、なんか元気が無いと、病院に。
腎不全と診断されました。

点滴したり、皮下補液したり、病院通いが始まりましたが、血液検査が正常になったり、食欲が戻ったり、復活!復活!と何度か頑張ってくれていました。

しかし、半年後の6月に入って調子が悪くなってきたな・・・。食べなくなってきたな・・・。
6月中旬くらいから食べなくなり、大好きな鯛の刺身も食べない。

そんなになっても、あんにゃんは絶対に人に弱みを見せませんでした。
リードを付けて散歩もしました。最後の最後まで塀を登ろうとしていました。

6月29日、朝、水をたくさん飲みました。

夕方、5時頃スタッフが帰るのを見送りました。

その後、お世話していたスタッフとリードを付けて散歩をしました。

抱きかかえられてあんにゃんのベットに寝かされ、スタッフが水を汲み替えに台所に行って戻ったら
「あれ?いない!」

探すと、お気に入りの場所に。もうすでに心臓は止まっていました・・・。

スタッフがあんにゃんの側を離れたその1~2分の間に、2~3メートル離れた、靴を入れる棚まで移動し、下から3段目位の棚にジャンプし、その直後息を引き取ったのです。

スタッフが離れた時、「今だ!」と思ったのでしょうね・・・

さすがあんにゃん、やはり只者ではなかった・・・。

最期の最期まで誰に対しても、何に対しても、弱いところを見せませんでした。

あんにゃんは、自分で自分の生きる道を切り開いてきたように思えます。

学ぶべき所が沢山ありました。

本当にありがとう。本当に会えて良かった。忘れないよ、ではなく、忘れることなんてできない。って感じだね。

あんにゃんは「虹の橋」にはいないと思います。
「誰かを待ってるなんてできないわよ。先に天国に行ってるわね!」という声が聞こえます。

あんにゃんの祭壇にはお花が沢山送られてきました。あんにゃんの好きなピンクのお花がイッパイ!

P1080441.jpg
骨になってしまったあんにゃんにもピンクのリボンが付けられました。

寂しくなっちゃうけど、頑張るからね!見守っていてくださいね!