動物福祉の会AWSは関東で犬猫の保護・里親探しをメインに活動する愛護団体です。日々、犬猫のお世話と里親探しに頑張っています!そんなAWSでの日々を綴っています。 興味があればHPにもどうぞ!
復活!!
2011年01月27日 (木) | 編集 |
ここの所、ター君が今にも死んでしまうとばかりのブログを綴ってまいりました。

散々ご心配をかけていましたター君、なんと!あれから吐く事もなく、食べています!!

減り続けていた体重も今日は200g増えていた!

獣医さんもビックリしています。
「誰もがもう駄目だと思っていましたよね。生物ってわからないものですね~」と。

皆の強い思いとターの生きる気力が勝ったのです!!

ありがとうございました~~~~~!!!!!



今日も夕方のお世話の時、ドックランで今か今かと待っているくらいでした。

復活1
復活2
 
まだ骨皮筋衛門ですが、ヒロ君もこんな状態から良い体格になるにはそんなに時間がかからなかった。
ター君もすぐに元に戻るさ!

復活3


吐き気止めを飲ませてから15分くらいしてからでないとフードをあげられないのですが、待ちきれないと吠えるくらいなんです!

復活4
復活5

この食べっぷり!嬉しい!!



たぶんこのまま大丈夫だと思います。
一生療法食とお薬は欠かせないと思いますが、なんとか9歳は迎えられると思います。

本当に良かった・・・・・・



そして、やっと他の話題に移る余裕ができました。

センターから引き取った子犬達をご紹介します!

シンバ
シンバ。オス。
ライオンキングの子ライオン・シンバから名前をとりました。
名前のようにちょっと間の抜けた所があります。

ザズー
ザズー。オス。
シンバの友達。チョロチョロしたおせっかいな鳥さん。
この子もチョロチョロしたお友達って感じのコです!

2匹はそっくりですが、兄弟ではありません。仲良しだけど。

よろしくお願いします!

スポンサーサイト
ターの様子
2011年01月24日 (月) | 編集 |
ター君ですが、20日頃から少しずつ食べてくれるようになりました。
はじめは少しすると吐いていましたが、今日は今の所吐いてない!

体重が減り続けているので、油断はできませんが・・・

今日は激ヤセしている所以外は表情も様子も普通なのです。





今日は、朝は食べなかった。でも、オヤツは普通に欲しがって食べてた。

夕方は食べてほしいな~と、ご寄付いただいた美味しそうな缶づめを用意していました。
0124b.jpg


0124a.jpg
ここはター君の夕方から朝までのお部屋。

ここに入ってから、他のスタッフが犬の夕飯の支度をし始め、犬達が騒ぎ始めたら・・・

ターが「ワン!」って言った!!!

具合が悪くなってから初めて声を聞いた!

あれ?と思って、事務所にあった試供品のフードを持っていってケージの前に座ると、ターがのり出してきた!

カラカラっと数粒入れて、顔の前に出すと、

バクバク食べてる!!

0124c.jpg
これ一袋

0124d.jpg
完食!!

今の所吐き気も無し!

0124f.jpg
ついでにヤヤとニャーニャのオモチャをくわえてみたりして・・・

なかなか調子良さそうです。


0124e.jpg


このまま少しでも体重が増えてくれたら嬉しい

動物病院の先生はそれでも表情は険しいです。
油断ができない状態なのもわかってます。

でも、奇跡を信じずにはいられない。

頑張ろうね!ター君!

1月14日 経過報告
2011年01月18日 (火) | 編集 |
昨年の年末から食欲が無くなってしまったターちゃん。
腎不全と戦い始めて2週間を越えた頃の1月14日。

その日は良いお天気でした。
0114a.jpg

0114h.jpg
ターちゃんはみんなといる方がいいみたいなので、昼間はみんなと一緒にいます。

そして、缶詰をあげてみたら食べた!!!

0114j.jpg


0114k.jpg

嬉しくて泣けました~


でも、それも吐いてしまい、それっきり食べません。

ターとの時間もそう長くないかもしれません。

毎日涙が出ますが、ターに見られないようにしています。

0114i.jpg

もう笑顔は見せてくれませんが、お散歩には行きたがるので少し歩きます。

もう少し頑張って!
迷子のワンコ  パート2
2011年01月10日 (月) | 編集 |
先月、掲載した「迷子のワンコ」は、飼い主を探しましたが現われる事無く、まだAWSにおります。
無事に帰れるといいのですが・・・何だかイヤな予感が・・・


そして、またまた迷子のワンコ。

ハスキー

シベリアン・ハスキーの男の子。まだ1~2歳位?の若いコです。

2010年12月19日に埼玉県久喜市青毛の民間の駐車場に繋がれていたそうです。
首輪はチェーンカラー。ワイヤーのリード?(繋留用のワイヤー?)を付けていました。

迷ってフラフラしていた所を、見つけた誰かがそこに繋いだのか、そこに置いて行くつもりで誰かが繋いでいったのかはわかりません。
しかし、毛の手入れもされていて、とってもきれいな状態だったようです。
無駄に吠える事もなく、とてもフレンドリーな性格の良いコです。

きっとかわいがられていたのではないでしょうか?

どなたか、ご存じの方、ご連絡ください!
情報を待っています!

2011年が始まりました
2011年01月07日 (金) | 編集 |
明けましておめでとうございます。
2011年になって1週間が経ってしまいました。

あまり明るい話題ではないのですがご報告します。
AWSでは昨年暮れあたりから、調子が悪くなってしまった成犬が2頭います。

一頭は「さくたろう」
さくたろうは、保護した時には既に左目が緑内障になっていて摘出手術をしたコです。
術後、左側が見えないせいか、ちょっと気難しいコになってしまいました。
そういうコだから、ちゃんと面倒見て良い子にして縁付かせてあげたいと言ってくださった方がいまして、
その預かりさん宅で預かってもらっているのですが・・・
その方から連絡がありました。
「良い方の目がおかしいみたい・・・」

よくぶつかるようになったの・・・元気がないの・・・見えてないみたい・・・
眼球の色も変わってきてしまっているようです・・・

でも気難しいさくたろうには目薬がさせません。
眼圧を下げる飲み薬で様子を見るしかありません。


全盲になってしまうの???
かわいそうでなりません。


sakuup.jpg


すこしホッとする話

今日連絡がありました。
「散歩の時、悪い時には後ろの方から引っ張られながら歩いていたのに、今日は自分からスタスタ前を歩いて行ったの!」

良かった~!このまま調子が良くなってくれたら嬉しい!

どうか、皆様祈っていてください!



そして、もう一頭が「ターちゃん」

昨年末の30日によく吐いていて、「??食べすぎたかな??」と思っていました。
元気もないのでよく様子を見てもらっていました。

その後、1月3日頃まで少しは食べていたみたいですが少量で、吐き気もあったようです。
しかし下痢ではなく・・・
ターは毛布をかじる犬なので、胃に詰まってるのでは??
と、レントゲンを撮ってもらいました。

異物があるような、ないような・・・

次の日もう一度レントゲンを撮る事になりました。
そして、レントゲンの他に血液検査等してもらいました。

それで発覚・・・腎不全と診断されてしまいました・・・

間が悪い事に、調子が悪くなってからすぐに動物病院がお正月休み。
わかるまでの時間も余計かかってしまったような・・・

すぐに点滴を始め、2日間入院。昨日から通院になりましたが、まったく食べてくれません。
ぐったりしているわけではないのですが、元気はありません。

救いは、治療を始めて3日目の再検査での数値が少し良くなってきた事。
でも、食べてくれない事には・・・そしてその食べた物を吐かなくなればいいのですが・・・

とにかく頑張ります!

ター

子犬の時からAWSにいるターちゃん。
極端に臆病で、何かあるとすぐにパ二くる気のちっちゃいターちゃん。
他の犬からとっても好かれていたターちゃん。
人からだって好かれていました。ターちゃんファンのボランティアさんは多いんです。

必ず回復してください!!

どうかどうか、皆様もターちゃんの復活を祈っていてください!
よろしくお願いします!!