動物福祉の会AWSは関東で犬猫の保護・里親探しをメインに活動する愛護団体です。日々、犬猫のお世話と里親探しに頑張っています!そんなAWSでの日々を綴っています。 興味があればHPにもどうぞ!
暑さにも負けず
2012年08月24日 (金) | 編集 |
まだまだ暑い日が続きますが、AWSのワン様達は一日に一回のお散歩をとても楽しみにしています。

この日は久しぶりにノアとお散歩しました


出発した途端に元気いっぱいです




あっちこっち、夢中でクンクンしながら進んで行きます♪

ちょっ、ちょっと
草とかリードとかいろいろ気にしようよ

もう夢中で何でもかまいません

それにしても暑い・・。


それでもノアは・・

楽しいみたい♪

AWSに戻ってからは

しっかり水分補給

暑さにも負けず、みんな頑張っています

報告:AWSボラのはしくれ☆O.T☆
スポンサーサイト
おすすめ 新入り?メイとかん太
2012年08月19日 (日) | 編集 |
 今日は,最近左舎に入ったメイ(♀)とかん太(♂)をご紹介します.
 メイとかん太は親子一緒に保護され,そして里親さん宅に親子一緒に貰われて行ったのですが,先方の都合で,先日AWSに親子一緒に出戻って来てしまいました.
メイとかん太親子
 写真;メイ(右)とかん太(左)親子

 母猫メイは,くりくりとした目がとてもかわいいサビ猫(麦わら猫?)です.
 すりすりごろごろの甘えん坊で,抱っこもOKです. ただ,他の猫がいると神経がピリピリとしてしまうのか,いつも緊張の面持ちになってしまうので,一匹飼いがおすすめの子です.
 また,小振りながら実に母性の強い子で,まだかん太が乳飲み子の頃,生後同じくらいの仔猫が保護されてくると,その子とかん太を分け隔てなく面倒を見て育ててくれました.
 その後も後から後から保護される子猫たちを上手に育て,AWSの「キッズルーム」を上手に切り盛りしてくれたやさしいお母さん猫でした.
子育て上手なメイ
 写真;子育て上手なメイ 

 月日と共に,後から入った子猫たちは貰われて行きましたが,メイとかん太は最後まで残ってしまっていました.
 なぜなら,息子のかん太が母親べったりの引っ込み思案だったので,「親子一緒じゃないとかわいそうだね」ということで「二匹セット」での里親さん探しになったのでなかなか大変だったのです.(しかもかん太は既に母親より身体の大きな仔猫になってしまっていたので)
 それでも,なんとか里親さんが決まって喜んでいたのですが,約半年後,再びAWSの猫に戻ってしまったのです.

 息子のかん太は,左舎の誰よりも身体が大きいくせに,相変わらずお母さんにべったりの超甘えん坊猫で,メイの行く所をいつもくっついて歩いています.
「かん太,少しは自立しなさい.」と,いつも言っていますが,全く精神的に成長してくれません.
 ただ,小さい時はひどく人間をこわがっていましたが,最近は部屋へ入って行くと,「にゃあおう~.」と言って走り寄って来ます. ただし,撫でようとすると,サ-ッと離れて行ってしまいますが…….
 今までは,メイお母さんにしか甘えなかったのに,「甘えられるなら人間でもいいか…….」と思うようになってくれただけ,マシなのかもしれません.
かん太
 写真;かん太  見た目だけは凛々しいのです

 こんな感じのメイとかん太ですが,里親さんを募集しています. 今度は一匹ずつ…….
 かん太は,メイと離れて独りになった方が,人間にべたべた甘えてくれるようになるかもしれないし,メイもそろそろ(いいかげん)子育てを離れて,ゆっくり人生を楽しみたいと思っているかもしれません.
そろそろゆっくりしたいメイ
 写真;メイ  そろそろゆっくりしたいわ……


 二人に会いに,AWSの左舎に足を運んでみて下さい.
 そして,この子達をお家に迎え入れることを一度ご検討下さい. 宜しくお願い致します.
メイとかん太親子②


                                          〈猫ボラS〉

必死の形相
2012年08月18日 (土) | 編集 |
ある日、皆のお散歩が終わったあとリックのお部屋に遊びに行きました♪


すると、キラキラした目で何かを訴えてきました。


あ~、オヤツね持ってるよ
と、オヤツを見せました。


どうしよーかなー♪なんて焦らしていると・・・







ヒィィィ

我慢の限界なのか必死の形相で格子の間にグイグイ顔を押し付けてきましたぁ


ご、ごめんね、リック
オヤツ食べてー


イケメンなお顔が崩れた瞬間でしたー
焦らしてごめんね

報告:AWSボラのはしくれ"O.T"
ゴン太アニキ
2012年08月10日 (金) | 編集 |








AWS一の巨体&強面のゴン太です。


本当に頼もし過ぎる見た目をしています

柔道選手だったら寝技が得意な100キロ超級で金メダル間違いなしの選手って感じ

ですが・・・
ゴンちゃん?


ゴンちゃーん!


も、もしかして・・・。
カメラのシャッターの音が嫌なの

そう、ゴンちゃん。こんな見た目をしていながら気が小さくてビビリなんですー


カメラを向けて写真を撮っているとシャッターの音が嫌なのか、チラチラこっちを見ながら少しずつ向こうを向いてしまいました(笑)

大きい音とかもキライなんだそうです

しかもけっこう甘えん坊


見た目とのギャップがたまりません
AWSのボラさん達にも人気があります♪

他の犬は苦手ですが、人間は好きみたいです
良い番犬にもなりそうですね

ゴンちゃん、オススメです

報告:AWSボラのはしくれ☆O.T☆
シーちゃんの奇跡,ふたたび……
2012年08月07日 (火) | 編集 |
 8月5日日曜日の朝8時過ぎ頃,闘病中だった猫のシーちゃんが,虹の橋を渡りました.
 先に行っていた母猫のクーちゃんや兄弟猫のチビとシマに会うために,シーちゃんは,とうとう虹の橋を渡って行きました.
シーちゃん若かりし頃
シーちゃん若かりし頃2

 6月18日のブログで,シーちゃんがのんびりと穏やかに過している ことをご報告しましたが,その後しばらくして,食欲が少しずつ落ち始めました.
 それでもチューブからの栄養注入である程度の元気は保っていたのですが,翌7月のある朝,その頼みの綱だったチューブが外れてしまっているのが発見されました.
 多分,夜のうちに元気に歩きまわっていて,何かに引掛けてしまったのでしょう.
 シーちゃん本人は,ケロリとした顔でスタスタと歩いていました.

 また,難しい判断をしなくてはならなくなりました.
 チューブが外れてしまったということは,もう療法食や薬を注入することができなくなったということです.
 食欲が落ちて来て,ほんの少ししか自分の口で食べてくれなくなってしまったシーちゃんに,この後どうすることが一番いいのか.
 栄養補給のために再びチューブを入れるには,全身麻酔をし,いままでチューブを通していた側とは反対側の首の毛を剃り,そこに穴を開ける必要があります.
 薬の注射も点滴の針も何も刺したくないと,一度決断したのに,そんなことをすべきなのか?
 そもそも,弱った身体が全身麻酔に耐えられるのかどうか…….

―――そして,シーちゃんには,もう,あらゆる無理強いをせず,自然に,猫としての尊厳を保って過してもらおうと決めました.
 この先,弱った姿を見て,決心が揺らいだりして病院に運び込む事のないように,シーちゃんの嫌がることは絶対しないようにと,何度も何度もスタッフと二人でお互いに言い聞かせて―――.


 それからちょうどひと月でした.
 シーちゃんは少しずつ痩せて弱りながらも,草のにおいを嗅いだり,お気に入りのビニールシートで爪とぎをしたり,そして気が向いた時には缶詰をムシャムシャ食べたり,マッサージにノドを鳴らしたり―――.
 部屋中に用意したあらゆるタイプの寝床の全てで寝心地を確認してみたり,外を飛ぶ虫を目で追ったり―――.
 猫としての生き方を充分に楽しみながら時を過していました.


 そして,8月5日の朝―――.
 シーちゃんの奇跡は再び起きました.

 虫の知らせか,この日は猫スタッフの担当の日ではなかったのに,いつもより早い時間にシーちゃんの様子を見に施設に立ち寄ったのです.
 そして,その猫スタッフが部屋に入って行くと,そこには,今までよりも明らかに弱々しく浅く呼吸をするシーちゃんの姿がありました.
 弱く,浅く,今にも消え入りそうに―――.
 そして,その姿を見たスタッフが思わず「シーちゃん,もういいよ. 頑張らなくていいよ. もう,お母さんの所に行っていいよ…….」と言うと,まるでその言葉にほっとしたかのように,シーちゃんは,二回ほど深くゆっくり呼吸をし,そして三回目に「ふーっ」と大きく息を吐くと,そのまま動かなくなったといいます.

 シーちゃんは待っていたのでしょう.
 朝晩,ほぼ毎日,献身的にお世話をしてくれた猫スタッフに,最後にきちんと挨拶する為に.
「いままで色々ありがとう. それでは私,そろそろあちらへ行きますね…….」と.


 結局,シーちゃんは最期まで寝たきりになることなく,その2日前まで水を飲み,寝床を変え,よろけながらも爪を研ぎ,そしてその前夜まできちんとトイレで用を足し,最期は自分の選んだ場所で,自分のタイミングで旅立って行きました.

 シーちゃん,長い間お疲れ様―――.
 動物として静かに病と闘っていたシーちゃんの誇り高い姿は,ずっと忘れません.
 元気な時の甘えた声や,マッサージの時の気持ちよさそうな姿も,もちろんずっとずっと忘れません.
 虹の橋を渡って向こうに着いたら,クーちゃんとチビとシマに宜しく伝えてね.
 さよなら,シーちゃん.


 今まで「シーちゃんへ」と様々なご支援を下さった皆様,本当にありがとうございました.
 シーちゃんにとっても,猫スタッフや猫ボランティアにとっても,ずっと心の支えとなっていました.


                
                  2012年8月5日 シーちゃん永眠(享年13才)


シーちゃんおすまし

                                             報告;〈猫ボラS〉

涼しい場所
2012年08月04日 (土) | 編集 |
毎日毎日暑いです

そんな暑さの中、コタとお散歩です♪


すでに時刻は午前10時台。とても暑いです。
でもコタはとてもいい場所を見つけたみたい

日陰の草むらで・・・




ドサッと座り込んで、ご満悦顔

あ~イケメンのコタの顔がぁ~

でも嬉しそう

そうだね(^-^)いい場所見つけたね

でも長くいるとやはり暑いです
コタ、そろそろ帰ろうよー!


引っ張っても歩こうとしません(^-^;
よっぽど気に入った様でした


その後、無理矢理立たせてAWSに帰ってくると・・

水をイッキ飲みしてました。
やっぱり暑かったよね(>_<)

犬も人間も熱中症には十分気を付けましょう!!


おまけ♪

見よ!このコタの美脚を!

フワフワの尻尾にモフモフの尻毛
そしてそこからスラリと伸びる脚
羨ましーぜ

報告:AWSボラのはしくれ☆O.T☆