動物福祉の会AWSは関東で犬猫の保護・里親探しをメインに活動する愛護団体です。日々、犬猫のお世話と里親探しに頑張っています!そんなAWSでの日々を綴っています。 興味があればHPにもどうぞ!
マロンに家族が!
2014年06月23日 (月) | 編集 |
去年の秋、肌寒い朝のアウス駐車場にぽつんとダンボール箱が置かれていました。
「また捨てられた!子猫かな…。」
と、中を確認すると茶白の成猫が…それがマロンとの出逢いでした。

検査やワクチンが済むまでは個室で様子をみなくてはなりません。
女の子のようなしなやかさ、若いのにおじさん顔…。そして、「はぁ~❤」としか声がでないのです。みんな、この不思議な茶白のにゃんこに夢中になりました。名前はどうしよう?こんなに人間大好きな子に早く家族を見つけたい!

次の日、お世話に行くとケージに『秋男』 と、ついていたのです
嫌だ!秋男は嫌だ!ただでさえ老け顔なのに、ピッタリすぎる!
と、大反対した結果『マロン』に改名したのです 全国の〈秋男様〉ごめんなさい



こんなに可愛いいマロン、なのにいつもチャンスを逃してました。
何度か声がかかっても、ご縁はありませんでした。


個室からフリーになり、きょん太と仲良し

今回のお見合いも、一度は諦めたのです。お試しが決まっても、帰ってくるのかなぁ…と、マロンがいなくなるなんて想像出来ませんでした

ところが…里親様はマロンを愛して下さったのです!夜鳴きをすれば、マロンのそばに…いつしかみんなマロンと寝てくれるように…

今まで、夜は事務所で運動会をしていたにゃんこです。ひとりの夜なんて…《大好きな人間》が、《大好きなマロンの家族》になりました!

本当に、マロンにご家族が、マロンを愛してくれるご家族が……。

おばちゃんはね、マロンのいない事務所で頑張っているよ!子猫祭りも始まり、みんな忙しく頑張っているよ!

マロン、おめでとう(*^▽^)/★*☆♪
時々、「はぁ~。」という空耳がするけど、おばちゃんは今日も猫毛にまみれて頑張るよ🎵


ヤヤさんと最後のお昼寝

〈かん太のご家族様はどこ?猫ボラ14〉
スポンサーサイト
お別れの言葉
2014年06月05日 (木) | 編集 |
 先日、アウスに入所していた雌の大型犬が亡くなりました。

 その子は、6歳くらいで体重が30㎏もある大きな女の子で、保護されるまで長いこと放浪していたという情報があり、そして保護された時には既に「強フィラリア」ということでした。
 また、どうやら何かの血統の犬で、何度も妊娠・出産をさせられたようでした。

 アウスに来てから、ほんの一ヶ月。
 彼女は大きな身体を横たえて、穏やかに目をつむって事務所の隣の部屋にいました。
 もうお散歩することも、おやつをねだることもありません。

 そんな彼女にお別れを言いに、何人かのボランティアさんたちが入れ替わりにやって来ていました。
 そして口々にするのは、
「(亡くなってしまったのは悲しいけれど)最期がここでよかったよ。」
「道端で野垂れ死にしないでよかったね……。」
という言葉でした。

 アウスの子たちにお別れをするとき、誰からともなく、こんな言葉が出てきます。
 でも、本当に心の底からそう思っている人はいないと、私には思えるのです。
「せめてここで死ねてよかった……」
 お互いにそうでも言わないと、悲しすぎて胸が苦しすぎて、どうしようもなくなってしまうのです。
 本当は、
「人間が酷いことをしてごめんね―――」
「新しい家族を見つけてあげられなくてごめんね―――」
「あなたのことだけを大事に守ってくれる、心優しい家族を探してあげられなくてごめんね―――」
そう思いながら、救っても救ってもきりがないほど捨てられる《命》を何度も目の当たりにして、自分たちの無力さに虚しさを覚え、活動の限界を感じ、どこにぶつけてよいか分からない怒りを我慢しているのです。


 いつになったら、多くの人たちに分かってもらえるのでしょう。
 人間の身勝手な都合で、動物たちが翻弄されている―――
 抗議も抵抗も出来ない動物たちに対して、人間はあまりに酷い仕打ちをしている―――
 人間も動物も持っているのは、同じ《命》。 それなのに、まるで安い使い捨てカメラのように《動物の命》を大量に生産する人間と、それを簡単に手に入れる人間、そしてまた、それを簡単に捨ててしまう人間―――
 こんなことがいつまでも当たり前のように見過ごされていてはいけない筈なのです。



 綺麗なこげ茶色の輝く被毛に包まれた、優しい顔をした大きな身体の女の子……。
 彼女の亡骸を見て、多くの方々に知っていただきたい事実があると考え、ここに記しました。


                                                        《猫ボラS》
6/1 (日)久喜市未来公園譲渡会
2014年06月02日 (月) | 編集 |
真夏日でしたがたくさんの方がご来場くださいました
ご寄付を届けていただいたり、遊び盛りのワンコと遊んでいただいたり、楽しい会になりありがとうございました

気になるワンコが!アトムとりこちゃんのママです。りこちゃんは植木に潜り込み写真が撮れませんでした。

この靴下は、アトム君もはいてます

お次はノラクロ君!兄弟達はみんなすぐに家族が出来たのに、なぜかまだご縁がありませんどこかで迷子になっているのかな?


ん~? 何かがはみ出ている?
みぃちゃん!それはフサフサ毛?いやっお肉でしょ?出てますよ

そうですか…☆

子猫も参加時期になりました!

なな、のの、ねねちゃーん!
こっち向いてよ~🎵

うん!おばやんずっと呼んでたよ誰がどの名前か分からないけど、ありがとー❤


1匹だけでポツンといたところを保護されたくぅーちゃん。
私の個人的感想で申し訳ありませんが、さび猫ちゃんは性格良し!自分の立場、まわりの空気を読む力が優れています! うちのさび猫が、すごく残念な柄でご近所さんにも窓から外を眺める姿が「ブサイクちゃん」と笑われますが、いい子なんです!さび猫くぅーちゃんもいい子ですよ✨《個人的感想と希望です。》

とにかく楽しい譲渡会になりました

《おまけ写真》
アウス卒業猫、わが家の残念な?さび猫(果物3姉妹)

〈かん太の写真忘れた猫ボラ14〉