動物福祉の会AWSは関東で犬猫の保護・里親探しをメインに活動する愛護団体です。日々、犬猫のお世話と里親探しに頑張っています!そんなAWSでの日々を綴っています。 興味があればHPにもどうぞ!
2011年が始まりました
2011年01月07日 (金) | 編集 |
明けましておめでとうございます。
2011年になって1週間が経ってしまいました。

あまり明るい話題ではないのですがご報告します。
AWSでは昨年暮れあたりから、調子が悪くなってしまった成犬が2頭います。

一頭は「さくたろう」
さくたろうは、保護した時には既に左目が緑内障になっていて摘出手術をしたコです。
術後、左側が見えないせいか、ちょっと気難しいコになってしまいました。
そういうコだから、ちゃんと面倒見て良い子にして縁付かせてあげたいと言ってくださった方がいまして、
その預かりさん宅で預かってもらっているのですが・・・
その方から連絡がありました。
「良い方の目がおかしいみたい・・・」

よくぶつかるようになったの・・・元気がないの・・・見えてないみたい・・・
眼球の色も変わってきてしまっているようです・・・

でも気難しいさくたろうには目薬がさせません。
眼圧を下げる飲み薬で様子を見るしかありません。


全盲になってしまうの???
かわいそうでなりません。


sakuup.jpg


すこしホッとする話

今日連絡がありました。
「散歩の時、悪い時には後ろの方から引っ張られながら歩いていたのに、今日は自分からスタスタ前を歩いて行ったの!」

良かった~!このまま調子が良くなってくれたら嬉しい!

どうか、皆様祈っていてください!



そして、もう一頭が「ターちゃん」

昨年末の30日によく吐いていて、「??食べすぎたかな??」と思っていました。
元気もないのでよく様子を見てもらっていました。

その後、1月3日頃まで少しは食べていたみたいですが少量で、吐き気もあったようです。
しかし下痢ではなく・・・
ターは毛布をかじる犬なので、胃に詰まってるのでは??
と、レントゲンを撮ってもらいました。

異物があるような、ないような・・・

次の日もう一度レントゲンを撮る事になりました。
そして、レントゲンの他に血液検査等してもらいました。

それで発覚・・・腎不全と診断されてしまいました・・・

間が悪い事に、調子が悪くなってからすぐに動物病院がお正月休み。
わかるまでの時間も余計かかってしまったような・・・

すぐに点滴を始め、2日間入院。昨日から通院になりましたが、まったく食べてくれません。
ぐったりしているわけではないのですが、元気はありません。

救いは、治療を始めて3日目の再検査での数値が少し良くなってきた事。
でも、食べてくれない事には・・・そしてその食べた物を吐かなくなればいいのですが・・・

とにかく頑張ります!

ター

子犬の時からAWSにいるターちゃん。
極端に臆病で、何かあるとすぐにパ二くる気のちっちゃいターちゃん。
他の犬からとっても好かれていたターちゃん。
人からだって好かれていました。ターちゃんファンのボランティアさんは多いんです。

必ず回復してください!!

どうかどうか、皆様もターちゃんの復活を祈っていてください!
よろしくお願いします!!




スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック