動物福祉の会AWSは関東で犬猫の保護・里親探しをメインに活動する愛護団体です。日々、犬猫のお世話と里親探しに頑張っています!そんなAWSでの日々を綴っています。 興味があればHPにもどうぞ!
被災犬猫を助けるために!
2011年04月23日 (土) | 編集 |
被災犬猫をレスキューに行っている団体様達には本当に感謝します。
AWSの埼玉の会員さんたちはアニマルエイド様より犬を預かりました。
飼い主さんのいる一時預かりのコ、里親さんを探さなければならないコ、引き受けたコ達はみんなとっても良いコ達です。
この環境の急な変化によく耐えてくれています・・・。

でもまだまだ残されたコ達も沢山います。

下記の呼びかけがAWSホームページの掲示板に記載されました。
ご協力お願いします!



「犬猫救済の輪」さまよりの転載記事です

力の結集を!決定は、原子力保安院です!!
この件、最後のお願いになるかもしれません!

転載歓迎 拡散希望!!
大至急、ご協力をお願いします.

22日正午0時より20キロ圏内が警戒区域となるとの情報です。
圏内に取り残されている動物を救うためには、最高決定機関である原子力保安院にお願いする
以外に方法は残されていないと考えます。
全ての力を結集して、原子力保安院に嘆願して下さい。

ご参考のため文章のサンプルを作りました。
ご自由に全体、部分をお使い下さい。
ひとり、ひとりが保安院にお願いすることで、あの子たちの命をお救いください。
御急ぎ下さい。
(特にお願い1)の内容は大切です)

原子力安全・保安院へのメールは こちらから

(当会作成文例)

20キロ圏内に取り残された動物救助のためのお願い

1)20キロ圏内での愛護団体、ボランテイアの活動の継続

徘徊犬猫その他愛玩動物の保護捕獲は私達の様な動物ボランティアでなければ成し遂げられません。

経験と技術が無ければ救助は困難です。私達は自己責任で活動しており、

この区域で活動したことによって将来、健康上の問題が発生してもいかなる苦情、

要求を行うことはありません。

圏内への出入り時に警察の荷物チェックを受ける等いかなる条件にも従います。

動物ボランティアが活動時間や装備等必要な条件を満たした上で、

引き続き20キロ圏内で活動を続けられますようお取り計らい下さい。

2)飼い主自身によるペット救出

ペットを飼い主自身が連れ戻すことができるよう車両の準備をお願いします。

遠方避難等で飼い主自身が赴けない場合、愛護団体等が代行できるようお願いいたします。




そして、AWSの日々の生活も相変わらず続いております。

いろいろな事がある中、ちょっとニコッとする写真を。

P1130151.jpg
P1130153.jpg
 
真ん中のダックスは「ひめ」。
障害があって動けません。

そんなひめは、子猫に好かれる。特に乳飲み子に。やはり肌の温もりが欲しいのね。

ひめちゃんよろしくね!



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック