動物福祉の会AWSは関東で犬猫の保護・里親探しをメインに活動する愛護団体です。日々、犬猫のお世話と里親探しに頑張っています!そんなAWSでの日々を綴っています。 興味があればHPにもどうぞ!
シャム子をよろしく
2012年09月08日 (土) | 編集 |
 多分,この子はシャム猫の純血種です.

2012_0908_シャム子②トップ

 忙しいAWSにかかると,直に名前は「シャム猫の女の子だから,シャム子でいいや.」ということになります. 男の子だったら,「シャム男」か「シャム蔵」?  それとも「シャム吉」でしょうか?
 AWSには,ごく稀に犬でも猫でも,純血種の子が保護されてきます.
 そして,その大抵の理由は,「近所の人が引っ越して行ったが,その時に置いて行ったようで,もう何日も何週間もひとりでうろうろしていた.」というもの.
 純血種に限らず,この手の理由で保護される子は結構います.
 引っ越し先は,ペット不可の物件でしょうか. それとも,新しい場所には新しいぬいぐるみが相応しいというのでしょうか.
2012_0908_少し落ち着いてきたシャム子

2012_0908_すがる様な目のシャム子
写真; すがるような目で見上げます

 シャム子は,現在,AWSの事務所建物の奥の薄暗い部屋にたった独りでいます.
 この部屋は,シャム子に用事が在る時(掃除とご飯)でない限り,猫も人も訪れることはありません.
 もちろん,シャム子が伝染病を患っているというわけではありません. それなのに,なぜ,寂しい一人部屋なのかというと,プロフィールにもありますが,どうやら他の猫たちと上手く付き合って行けるタイプではないようだからなのです.

 シャム子は,来た当時,ケージ越しに他の猫に「シャー,シャー!」と威嚇し,さらにお世話をするスタッフ達にも威嚇と猫パンチをお見舞いしていました.
 この子の立場を人間に(自分に)置き換えてみれば分かりますが,今までの生活が一変して,突然知らない人間,知らない動物の中にポンと立たされた時に,相手が敵か味方かも分からない,この先自分がどうされるのかも分からない,そんな時に,穏やかに友好的に振る舞えるはずがありません.
 恐怖と戸惑いの中で,シャム子は精一杯虚勢を張っていたのでしょう.
①2012_0908_シャム子
写真; 知らない場所は,猫にとっても大変なストレスになります

 さすがに現在では,人にはゴロゴロ・すりすり・べたべた・甘甘で,「もっと一緒にお部屋にいて.」「もっと構って.」「ずっとここにいてよ.」と言ってくる程になりました.
 こうなると,シャム子の部屋から出る時はものすごく心が痛むのですが,とにかくAWSは人手不足で,毎回やるべきことが沢山あって,どうしてもゆっくりしてあげられないのです.
2012_0908_落ち着かないシャム子

2012_0908_落ち着かないシャム子②
写真; 人が入って来て,嬉しくて落ち着かないシャム子「いらっしゃい!!」「ゆっくりしていって.」
    お膝に乗って来て,部屋から出るのを阻止します

 結局,みんなと一緒の猫舎は無理ですし,スタッフたちの出入りする事務所部屋も,何匹も猫がいるので,やはり無理です.
 そうすると,フード置き場・毛布置き場などで使われている部屋を除くと,空いているのはこの部屋しか無く,かわいそうですが,一番奥の寂しい部屋に独りぼっちということになってしまうのです.
2012_0908_それなあに?シャム子
写真; 「それ,なあに?」 カメラに興味津々


 かわいそうなシャム子…….
 もっと,撫でてあげたい. もっと,遊んであげたい. 
 ……それよりも,今度こそ最後まで大事にしてくれる家族を,早く見つけてあげたい.
2012_0908_ブルーの瞳がとってもかわいいシャム子

                                             <猫ボラS>
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
シャム子ちゃん、綺麗なネコちゃんですねー♪
なでなでしたい。w
2012/09/10(月) 22:23:33 | URL | おふみ。 #L8qX7C.g[ 編集]
シャム子
Sさんの記事、いつも楽しみです。
アウスの猫への愛情がすごく伝わる!

シャム子かわいそうだよね・・・
人の近くにいたいだろうに・・・

早く良い縁がみつかりますように!
2012/09/12(水) 14:32:02 | URL | U #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/02/11(月) 15:25:33 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック