動物福祉の会AWSは関東で犬猫の保護・里親探しをメインに活動する愛護団体です。日々、犬猫のお世話と里親探しに頑張っています!そんなAWSでの日々を綴っています。 興味があればHPにもどうぞ!
最近のおーちゃん
2012年12月13日 (木) | 編集 |
 以前ご紹介した,エイズ舎の新入り猫「おーちゃん」の最近の様子です.

 最近のおーちゃんは、どう見ても明らかにふっくらして来ました.
 猫エイズウィルスのキャリアで人慣れもしていないので,きっとこのアウスの施設で生涯を終えるのだと思うと,美味しい物を食べて,のんびり楽しく過してほしいと思っていますが,あまり急激に太ってしまうと別の病気で寿命を縮めることにならないかとちょっと心配でもあります.
 そこで,ご寄付いただいた猫フードの中に「体重管理」や「室内飼用」などのカロリーを低くおさえたフードがあったので,おーちゃんには(同部屋の大五郎も同じくふっくらなので,大五郎にも)このフードを与えていました.
 ところが,なぜかどんどん丸くなる…….
 たしかに,他の部屋の子に比べてお腹が強くていつも100点満点の完璧ウンチの子達なので,ついつい安心して缶詰めご飯の回数が増えてしまったり,上記の理由でおやつをちょこちょこあげてしまったりと,思い当たる節はあります.
2012_1201_余裕の表情のおーちゃん
写真;最近のおーちゃん ほっぺがたるたる

 ところが最近,おーちゃんのフード入れが,部屋に置いてあるキャリーの中に厳重にしまわれていることに気付きました.
 毎日お世話をするスタッフに理由を聞くと,なんと,おーちゃんは,フード入れを棚から落として蓋を開け,こぼれた中身を食べたいだけ食べるという荒技を使っていたというのです. これまでに何度も…….
 いくらダイエットフードといっても,量を沢山食べたのでは意味が無いです.
2012_1212_おーちゃん 美味い物が好き
写真;おーちゃん「美味いものが好き」

 最近のおーちゃんは,まだまだ触らせてくれたりはしないものの,人間とのあうんの呼吸(?)みたいなものが分かって来て,こちらの目を見て鳴いてきたり,ご飯の準備の時は台に手を掛けて「まだぁ?」と言ってすぐ近くまで寄って来たりするので,その様子を見ている私は,おーちゃんがついこの間まで野良猫として独りで厳しい生活をしていたのだということを忘れてしまっていたのでした.
 野良猫だった子は,「次にいつ餌が手に入るか分からない」という生活をしていたので,食べ物があればあるだけお腹がいっぱいでも食べてしまうので,注意が必要なのです. フードはきちんと管理しなければいけなかったのです.

 そういったわけで,フード入れはキャリーに入れられきちんと扉も閉められて,もうおーちゃんが食べ過ぎてしまうこともなくなりました.
2012_1212_おーちゃんのつめとぎ
写真;おーちゃんはきちんと爪とぎを使う事が出来ます

2012_1213_おーちゃん 一番ぽかぽかと暖かい所
写真;部屋で一番暖かい場所を知っています

 そして最近のおーちゃんは,いままで部屋を仕切っていたラティスを開けてもらい,大五郎とタルトと一緒の生活を始めることになりました.
 オス同士でどうなるかと見守っていましたが,すぐに仲良くなり,初日なのに一つの箱に三人一緒になってぎゅうぎゅうで眠っていました.
 やさしいタルトと甘えん坊の大五郎の二人が,おーちゃんを受け入れてくれたので,おーちゃんも安心して過すことが出来るようです.
2012_1201_初めて一緒の部屋 三人で固まって寝ていた
写真;この箱に大きなオス猫三人がぎゅうぎゅうに詰まっていました

2012_1212_大五郎とおーちゃん 仲良し
写真;大五郎は誰にでも甘えるので、おーちゃんもちょっとうっとうしそうです


 おーちゃんの丸々とした温かそうな背中を撫でることができるようになるのは,もうあと少しでしょうか…….

                                          〈猫ボラS〉
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック