動物福祉の会AWSは関東で犬猫の保護・里親探しをメインに活動する愛護団体です。日々、犬猫のお世話と里親探しに頑張っています!そんなAWSでの日々を綴っています。 興味があればHPにもどうぞ!
お礼とご報告
2013年09月29日 (日) | 編集 |
 お礼が遅くなってしまいましたが,様々なフードがアウスの猫たちのために贈られました.
 ある方はネットショッピングで直接送ってくださったり,ある方はわざわざ施設まで運んでくださったり,またある方は里親会の会場まで届けてくださったり…….
 猫たちの健康のためにと高価なフードをお願いしてしまいましたが,皆さんがそのわがままに応えて下さいました. 本当にありがとうございます。
頂いたフード
写真; 数々の贈り物 療法食やプレミアムフード

ひーちゃん
写真; ひーちゃん 水曜・金曜のi/d缶ご飯が唯一の楽しみ

一刀としんちゃん
写真; 一刀(上段)としんちゃん しんちゃんはロイヤルカナンの「センシブル」とピュリナの「シニアチキン」が好き

アオ君
写真; アオ君「何でも食べます!」 でも、この部屋では缶詰めはi/d缶だけ

身体にいいご飯、ありがとう。
写真; 右舎からのぞいた左舎 「身体に良いフード、いつもありがとう。」

桃とポケちゃん
写真; 桃(下)とポケちゃん おかげさまで特に若い女子は、ぽちゃぽちゃとしていて健康体です。

かん太とかっちゃん
写真; かん太(手前)とかっちゃん ここ数ヶ月で途端に触れるようになった二人……

 
 また,HPのトップページにあがっている「ヤワラ」と「ぴょん吉」への応援も頂いております。
 ただ,現在のヤワラについてはちょっと心配なご報告をしなければなりません。
 ヤワラを自宅で看て下さっているボランティアさんからのご報告です。
yawara20110730やわら2
写真; 小さい頃のヤワラ このころからずっと目は酷い状態

collage_photocat1やわら
写真; 左目が酷くいびつに腫れ上がっています。

 酷く腫れていた方の目が,先日,何かの拍子に傷ついて,破裂してしまったというのです.
 ヤワラが自分で目を掻いてしまったのか,同じくアウスの預かり猫の「諭吉君」に引っ掻かれてしまったのか,もしくは諭吉君に追いかけられて慌てて逃げる時に階段から落ちてしまい,その衝撃で破裂してしまったのか…….
 とにかく,階段の方からドタドタと大きな音がしたのでびっくりして行って見ると(ヤワラは普段から階段も平気で普通に生活していました.),腫れていたはずの目が萎み,そこから大量の液体が漏れ出ていて半ば放心状態のヤワラがいたというのです.
 そして,階段の上には慌てた様子の諭吉君と,ヤワラの目からしたたり落ちたであろう液体が点々とあったそうです.
 急いで病院へ行きましたが,「破裂したことで,このまま化膿せずに縮んでくれたら眼球摘出の必要はなくなりましたよ。」と先生に言われ,驚きながらも,大事に至らず,また,大きな手術をしなくて済むかもしれないと聞かされてほっとしたそうなのですが,翌日見ると,なんと一度萎んだはずの目が再び大きく腫れあがっていたというのです(しかも,前にも増して……).
 そして再び病院へ.
 「出来た傷口がくっついて,眼球内の体液が溜まってしまっている. 緑内障の場合,体液が吸収されにくいので,こんな風に腫れてしまったのだろう.」ということでした.
 とにかく,摘出手術をするにしても,今は経過を見守るしかないらしく,眼球が化膿しないことを祈るしかないようです.

 幸い,こんな大事件が起こっても,ヤワラは患部が痛まないのか食欲もあって,平気な顔をしているそうです.
 人間の方はと言うと,ヤワラ・諭吉・その他4匹(フク・ジジ・風馬・白黒くん)を預かってくれているベテランの猫ボラさんですが(そのほかに自分の猫2匹もいます),今回は本当に衝撃的な出来事で,心身ともに大変だったようです.
 
 ヤワラ君のために一番いい処置をしてあげたいと考えていますが,とにかく今は,早く状態が落ち着いてくれるのを祈るばかりです.

                                          〈猫ボラS〉
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
やわらちゃん
やわらちゃんの眼は、あれからどうなっているのでしょうか。とても気になっていました。
私の飼っている猫も保護した時から、眼が悪く、てんかんももっているので、そのままにしてしまいましたが、獣医さんの紹介で、三郷の動物の眼科専門医に診てもらうことになりました。
2014/08/10(日) 15:13:42 | URL | 祥子 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック