動物福祉の会AWSは関東で犬猫の保護・里親探しをメインに活動する愛護団体です。日々、犬猫のお世話と里親探しに頑張っています!そんなAWSでの日々を綴っています。 興味があればHPにもどうぞ!
天国に召されたマーブル
2014年08月18日 (月) | 編集 |
以前ブログで紹介しました、雌の大型犬の事について生前の様子をもう少し紹介しようと思います。その子の名前は「マーブル」とつけられていてみんなから愛されていました。



生前の様子は、自分の散歩の時間だと分かるとそれはそれは大喜びで人間の顔を見上げながらずっと歩くので、「なかなか進まないなー」といった感じでしたが、彼女の喜びようを見ていると私達まで自然に笑顔がでてしまいました



フィラリアが出ていたのでマーブルの体調を考え他の犬達の半分の散歩にしていました。



スタッフさんや、ボランティア仲間さんからも、性格はいいしリードの引きもない。 フィラリアがいなくなったら絶対に新しい里親さんが見つかるだろう。と話していました。 



しかし、その矢先5/30日に急に息を引き取ってしまったのです。5/29日の夕方突然血尿をし、次の日には緊急手術を行う予定でした。 マーブルは体調を考え、スタッフさんの自宅で1泊する事になりました。

体調が急変してから、マーブルは夜の10時頃から呼吸をするのが必死で苦しそうでした。何もしてあげる事は出来ずただ見守ることしか出来ませんでした。

深夜2時にも以前体調は変わらず本当に辛そうでした。

朝の5時に起床した時には家の中がシーン、と静かだったので息を引き取ったようでした。

獣医さんにマーブルを見てもらった所、「ブリーダーの犬ではないか」と言われたそうです。マーブルの両耳には刺青が入っていました。(ブリーダの犬や輸入された犬には入れてあるとの事でした)

このような経緯でマーブルは天国に昇っていきました。
あまりにも、早くに亡くなってしまったので犬紹介には載りませんでした。

皆様にもマーブルの事を少しでも知って頂きたくて記憶に留めて欲しかったので書きました。アップをするのが大変遅くなってしまい申し訳ございませんでした。

犬や猫を含め動物たちは、自分からSOSを発しても人間が手を差し伸べない限りはその状況から脱出する事は出来ません。
アウスに来るまでのマーブルはどんな風に過ごしていたのかな?

亡くなってしまったのは残念だけれど最後の1か月だけでもマーブルは人間の愛情に触れとても幸せだったと思います。

今頃はマーブルの事だから天国で思い切り駆け回り、美味しい物をたくさん食べて友達がたくさんできているかな?

次に生まれ変わるとしたら、犬としてではなく、自分の意志で何でも選ぶ事が出来る人間に生まれてくるんだよ☆
約束だからね☆


報告☆コーンスープ






スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック