動物福祉の会AWSは関東で犬猫の保護・里親探しをメインに活動する愛護団体です。日々、犬猫のお世話と里親探しに頑張っています!そんなAWSでの日々を綴っています。 興味があればHPにもどうぞ!
「たろう、さようなら」
2016年11月27日 (日) | 編集 |
11月5日(土)、下妻イオンチアーズクラブのお友達の15人の小学生と2人の幼児さん、スタッフさんが、AWSに遊びに来てくれました。

小春日和の暖かい秋の一日、AWSのワン・ニャン達もたくさんのお友達に会い、うれしかったり、はずかしかったり、ドキドキの出会いがありました。ニャン達は、部屋の奥の方からのぞいていました。「今日は、何かあったのかな?」と。

初めに会長さんの挨拶とAWSについてのお話がありました。次に外に出て、小さなコーナーを順番に見学しました。

1.jpg

2.jpg

3.jpg

リックが寝たきりになりながら、介護を受けて元気でいること。ポッキーがAWSで一番の長寿で、毛がなくなっても、後ろ足が弱っていても、食べることをとても楽しみにしていること。タ―ちゃんは、不安そうな顔で少し離れた所から小学生たちを見ていました。「近くに行きたいんだけど、行かれないんだ。」と言うように。

4.jpg

まりちゃん、りょうまちゃんは、さっさと小屋に入り、中からじっと見ていました。ベルや雪音ちゃんは、柵にとびつき、なでてもらっていました。ゴンちゃんは「ウー、ウー」と言いながら、おどかしていましたね。

5.jpg

AWSに来たばかりの2頭のプードル達は、小学生にかわいがられ、ピョンピョン飛んだり、走ったり、抱っこされたり、よくなついていました。卒業生のコナンも、他のワンと一緒に行動し、小学生からたくさんなでてもらいました。

6.jpg

10.jpg

一通りコーナーを見てから、次は近くの散歩です。一番人気のたろうくん、プードル達と一緒に色づいた木々をみながら、歩いて行きました。たろうは、たくさんのお友達になでられてもいやな顔ひとつ見せず、うれしそうに応えていました。

8.jpg

7.jpg

11.jpg

あっと言う間に時間が過ぎ、お別れとなってしまいました。

玄関前で、別れ際に大声で、「たろう、さようなら」と呼びかけてくれたお友達の声は、たろうくんにも、他のワン・ニャン達にもきっと届いたことでしょう。

15.jpg

イオンチアーズクラブのスタッフさん、お友達、ありがとうございました。

(ボランティア A.F.)

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック